「鍼(はり)治療について」富士見市鶴瀬のあさくら鍼灸接骨院

鍼(はり)治療について

鍼(はり)…と聞いて、どんなイメージを持たれますか?
「怖い」「痛そう」「本当に効くの?」など不安を感じる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、鍼治療とはどんなものなのかを簡単にご紹介していきます。

まず、鍼治療を行えるのは3年間の専門教育を受け
国家資格を取得した『はり師』のみです。
さらに当院では衛生的な使い捨ての鍼を使用していますので、
安全面についてはご安心ください。

気になる痛みについてですが、多くの方が「心配していたよりも痛くない」と仰います。
鍼には痛みを軽減するために様々な工夫がほどこされており、
太さは一般的な注射針の約6分の1と髪の毛のように細く、表面も滑らかに整えられていて
体に鍼をさしたことに気づかない方もいらっしゃるくらいです。
また当院の場合は、場所にもよりますが、鍼をさす深さもわずか1cm程と、
患者さんの体にとって負担にならないよう心掛けています。

最後に鍼治療の効果についてです。
鍼治療は、筋肉の緊張をやわらげて痛みを緩和すること、
血流を良くして体の自然治癒力を高めることを目的としています。
効果が大きいか小さいか、 効果がいつでるか…などには個人差がありますが、
即効性が期待できる場合にはこちらから お勧めをすることもあります。

鍼治療に対して、少しでも不安を解消することができたでしょうか?
もちろん、鍼治療を無理にお勧めすることはありませんのでご安心ください。
1日でも早く痛みを取り除くための、選択肢の1つとして頂ければと考えています。
他にも疑問・質問がありましたら、遠慮なくスタッフまでお尋ねください。