「靴の上手な選び方」富士見市鶴瀬のあさくら鍼灸接骨院

靴の上手な選び方

夏の暑さも去り、運動に適したシーズンがやって来ました。

中でもウォーキングなどは手軽に出来る運動として最適ではないでしょうか。

自然に触れられるコースを見つけ、30分~1時間位歩いてみましょう。

メタボリック解消、高血圧や骨粗鬆症の予防にもなります。 

 

さて、快適なウォーキングに必要なアイテムと言えば何でしょうか?

そう、ウォーキングシューズです。

足に合っていないシューズでは、靴ずれができたり、あちこち痛くなったりと

せっかくのウォーキングが台無しです。

 

そこで簡単な靴の選び方(合わせ方)を紹介したいと思います。

①まずは靴のタイプです。

靴は紐で結ぶタイプの靴が足にしっかりと合わせやすく理想的です

②そして、中敷の取れる靴でしたら、中敷を取り出してみてください。

その上に足を乗せた時につま先に1cm~1.5cmのゆとりができる靴が

サイズとしてはちょうど良いでしょう。

③次に靴を履き紐を絞めてみましょう。

紐を通す穴が縦に2列平行に並べばOKです。

足首に向かうにつれて紐穴同士が近づきあってくるようなら靴の幅が広すぎます。

逆に足首に向かうにつれて紐穴同士が離れて行くようなら靴の幅が狭すぎです。

 

現在足にトラブルを抱えていないのでしたら、

まずは上の3点に気を付けて靴を選んでいただければ良いと思います。

この他にも踵の硬さや靴底の具合など、細かく見てゆくと色々と注意する点はありますが

今履いている靴を当院にお持ちいただければ、合わせ方の確認も致しております。

又、足底板などで調整も致します。

 

足にピッタリとした靴で快適なウォーキングを!

富士見市鶴瀬の鍼灸接骨院:あさくら鍼灸接骨院

Copyright(c) 2012 あさくら鍼灸接骨院 All Rights Reserved.